About Us

WEBマーケティングコンサルタント【キューブリック】の会社案内です。

会社案内

Contact Us

Cublic, Inc.

03-5778-9269

http://cublic.jp/inquiry/

Izumi BLD 3F,3-14-4,Kitaaoyama Minato-ku,Tokyo, Japan〒107-0061

お電話はこちら

03-5778-9269

無料相談受付中

WEBコンサルタント


WEBコンサル基本方針

「新規集客」「情報構築」「売上向上」するWEBサイトを構築し運営ます

見た目の美しさだけではない経営資産価値のあるWEBサイトを構築し、真にインターネットシーンで存在感を発揮するWEBサイト運営をミッションと考えています。


プロフィール

酒井 良樹

株式会社キューブリック
代表取締役

■平成10年 岐阜大学 土木工学科 卒業
■平成10年 橋梁メーカーに入社。橋の設計施工に携わる
■平成15年 音楽活動(作詞作曲/歌)を開始
・CD制作を通じて楽典やシーケンスソフトの習得、作詞などのライティング、自作PCやネットワークの構築を習得する。
■平成19年 WEB制作会社に入社
・制作業務を通じXHTML+CSSを習得、PhotoshopやIllustratorなどの画像加工ソフトの習得。その後WEBディレクターとしてクライアントとの折衝および制作ディレクション業務、WEBプランニング、マーケティングに従事する。中規模サイトを一人で完結できる技術を習得する。
■平成20年 株式会社キューブリック設立
企画提案、ディレクション、IA、Flash、コーディング、システム構築、写真撮影、映像制作などWEB制作に関わるクリエイティブかつテクニカルな両面の業務を行なう。
■平成21年 ジングルBGM楽曲制作株式会社設立
DTM/音楽理論の専門学校運営や映像コンテンツの音楽制作、ゲーム音楽やBGMなどの制作業務を行なう。
■平成24年 ペット事業部にてドッグハグをオープン
豊洲にて犬のトリミングとペットホテルの運営を行う。


メッセージ

WEB(ホームページ)で集客することが、普遍的になってきたように感じます。

スマホの普及などにより、WEBは、我々の生活に欠くことのできない情報発信や情報収集の源になりました。しかし、企業は、自社サイトをビジネス戦略ツールとして使うための人材、知識、技術、考え方を持ちあわせていなく、この時代に合ったWEBの制作や運営、解析を誰にどのように最適分配すれば良いのか、明確でないのが現状のようです。

当社は、WEBを経営戦略ツールと考えた場合、「広告」「公表」「獲得」「解析」の役割があると考えています。(WEBの4A)

自社サイトでの売上UPを望むには、デザインのみならず、「WEBの4A」を行っていくことが必要になります。しかしながら、これらを統合的かつ戦略的に行っている企業は多くはありません。

企業は、未だ数年前のWEBの考え方に捕われており、“デザイン中心のWEB”、“SEO対策で売上UP”と勘違いしています。
「集客」「充実した情報」「売上UP」ができる資産価値あるWEBにするためには、その場凌ぎな単発施策では、到底達成できません。

WEBをブランディングするためには、時間と労力と費用が掛かるものです。また、どんな施策を行うのかを本質的、計画的に見据えなければなりません。今日のWEB集客は偶然性や浮利性によって確立できるものではなくなりました。企業が、時間と労力と費用を正しく投資してこそ育てられる経営資源のひとつであると言えます。

当社は、メイン業務として「WEBプロデューシング&コンサルティング業務」を行なっております。

使命は、「新規集客」「情報構築」「売上向上」ができる、“資産価値あるWEB”をクライアントに代わり構築・運営することです。単なる順位アップや、ページビュー数を増大させることが目的ではありません。

どうすればWEBに人が集まり、共感し、顧客になるかを科学し、その知識の全てをWEBサイトに落とし込むことができます。WEBの正しい知識と概念を理解し、さらに制作まで行えるからこそ、「WEBで成功」をすることができます。

当社は総合的なWEB戦略により、クライアントビジネスをバックアップする唯一のパートナー企業でありたいと考えております。


なぜ、私ができるのか。

「WEBマーケティング」一言で言い表せますが、どのようなノウハウ、ドゥハウ、経験がないとできないか考えたことはありますか?


当たり前ですが、「WEBの知識」です。 デザイン理論、コーディング手法、Googleの考え方の理解、CMSのページ設計、タイトルやコピーライトテクニック、アクセス解析手法、WEB広告の出稿パターン、新しいツールを詮索する力などです。これらを勉強し、血や肉にするのに10年掛かりました。これがWEBコンサルをする本当の意味での基礎力となっています。今でも、コンテンツの精査をしながら、写真ひとつを編集したり、コピーライトを作ったりしています。基本的に0→1のモノづくりを40年やってきたので、WEBを作ることは日常ともいえます。


次に、「経営力」です。 私は、2社3事業を展開する経営者です。「ヒト、モノ、カネ、ジョウホウ」がどのように絡み、どれだけ重要かを知っています。そして、リスクを取りながら、WEBを、会社を運営してきました。その10年のトライ&エラーのノウハウがこの経営力の中には染み込んでいます。ですので、WEBを制作する際にも経営視点で俯瞰して考え、間違っていることは正します。 クライアントの社長と担当者の間に入るCMOのような役割を担うこともあります。社長はWEBのことが分からない。担当者は経営のことが分からない。なので、私の存在意義が確立されます。


最後に大切なのが、「サービスプロバイダー」としての経験です。 クライアントの業務委託のみではなく、自社サービスを命を懸けて設立し運営してきました。その苦い経験がWEBのその先にある失敗を見通せる先見の明を身につけさせました。 よって、ビジネスに対しては慎重にならざるを得なく、立ち上げ前のWEBマーケティングや地域マーケティング、数年経過し、マーケティングを再考することなどを真のサービスプロバイダーとしてやっております。ですので、クライアントワークであっても手を抜くことはいたしません。


このように、「WEBの全知識 × 経営者観点 × サービスプロバイダー」としての三役を兼ねながらWEBコンサルティングを行うので、基本的にビジネスの失敗はありません。 ただ、多くのクライアントの業務を委託することはできませんので、年に数件のクライアントと共にパートナーシップを築きコンサルティングを行っております。


当社は見た目の美しさだけではない経営資産価値のあるWEBサイトを構築します。本当に売上があがるのか、興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。