デジタルマーケティング支援を通じて課題解決と事業成長にコミット!

デジタルマーケティング支援
を通じて
課題解決と
事業成長にコミット!

cube1
cube2
cube3

「企画〜調査〜設計〜制作〜
開発〜公開〜解析〜広告〜CRM/MA」
横断的な知見と施策で
マーケティング課題を解決

Cublicはクライアントのデジタルマーケティング(マーケティングDX)を
伴走支援するコンサルティングカンパニーです。
戦略策定から全体設計、WEBサイト制作や解析、
WEB広告やSNS広告、そしてCRM/MA運用など
幅広いデジタルマーケティング領域の関連性を熟知しているため、
ワンストップで行うことの重要さを理解しています。
「デジタルマーケティングの理解」を深めることで、集客や売上に
直結する戦略を提示することが得意です。
まずは御社の課題を聴かせてください。必ず解決いたします。

WEB集客・WEBマーケティングに関して
このような課題を
お持ちではないでしょうか?

HP担当者

  • 10年前の古いデザインのHPを今でも使っている。つい先日見た目が古いと指摘されてしまった。
    どのようなデザインのサイトなら良い印象を与えられるんだろう。
  • 採用活動を行っているけど、情報発信が全くできてないなぁ。
    採用サイトを作って、自社の魅力や社員の声などもリアルに届けたい。
  • WEBサイトをリニューアルしたいけど、社内にWEBに詳しい人がいない。管理方法もわからないから、誰かにお願いしたい。
  • HP担当者になったのはいいけど、WEBサイトってどのように運用していけばいいのかなぁ。
    そもそも、WEBマーケティングってなに?

マーケティング担当

  • 代理店に広告運用を任せているけど、効果が出ておらず困っている。
    改善余地があるのか、媒体を替えるべきなのかもわからない。
  • MAツールの種類が多くて選定が難しいなぁ。どのMAツールが自社に適しているんだろう。
  • MAツールを導入したけど、どのように運用していけば良いのか全くわからず手がつけられない。
  • 新商品・サービスを作ったけど、どんなマーケティング手法が最適なんだろう。

経営幹部

  • 新規ビジネスの構想はあるけど、デジタルの力で仕組み化したり、プロジェクトを実行し具現化できる人材がいない。困ったなぁ。
  • 新たな顧客接点として自社ECサイトを作ったけど、全く売上が上げられない。どうしたらいいんだろう。
  • デジタルマーケティングをやらなければならないが、最新のツールやデータの見方ってどのようにすればいいんだろう。
  • デジタルマーケティング力を強化したいけど、自社のマーケティングチームが無い。社内に学べるような環境も作ってあげられない。

CublicがWEB関連の
課題を解決します

Cublicでは業種業界問わず
様々な企業様のコンサルティングをしております

BtoB
  • 工業製品の製造販売
  • 消費財
  • 商社
  • 卸売業
  • レンタルオフィス
  • レンタルサロン
  • 貸会議室
  • 会計事務所
  • 税理士事務所
  • ITコンサル
  • 医院開業コンサル
BtoC
  • 音楽学校
  • トリミングサロン
  • パーソナルジム
  • 医薬業界向け転職サイト
  • 歯科医院
  • 各種クリニック
  • 飲食店
  • 温泉旅館
  • スキー場
  • 革製品修理
  • 葬儀会社
  • 不動産会社
  • リノベーション
EC系
  • 健康食品EC
  • サプリメントEC
  • ペット用品EC
  • 食品EC
  • アクセサリーEC(D2C)
  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天市場
  • クラウドファンディング

その他にホームページ制作実績として、
スタートアップ、中小企業、上場企業、行政サイトなど、
50万〜5000万円のサイト制作をしております。

ケーススタディ

Cublicにご相談いただいた際に私たちが
行う具体的な流れ

HPリニューアルの
ご相談の場合

1.ヒアリング

ヒアリング

HPの目的整理

リニューアルに至った経緯やHPのマーケティング上の役割を整理します。ターゲットの設定や競合(リアル&WEB)の確認、クライアントのビジネスの内容やマネタイズポイントなど私たちも理解できるように質問をさせていただきます。たとえHP制作だけであっても将来的なデジタルマーケティング戦略も見据えながら最適な方法を探ります。

右矢印

2.調査

調査

徹底的な調査

既存HPのコンテンツからインフラまでの調査やキーワード・競合の調査を行います。Google Analytics等の解析ツールが実装されている場合は、アクセス解析も行い、ユーザー属性や各ページの閲覧状況を調査します。キーワード調査やアクセス解析、競合他社HPやWEB検索上の競合などを調査しながら、戦略立案に必要なデータ・情報を集めていきます。

右矢印

3.戦略立案・設計

戦略立案・設計

目的達成のための最適解

ヒアリング・調査から得た情報をもとに目的達成のために必要な戦略を練っていきます。UI/UXを意識した情報設計、画面設計やデータドリブンマーケティングを行うための構造設計、CV(コンバージョン)設計を行います。ターゲットに刺さるクリエイティブやコンテンツの設計から、サーバーやCMSなどの要件に合うシステムやツールを選定します。

右矢印

4.構築

構築

ユーザー起点のサイトの構築

欲しい情報にたどり着きやすい、HP内で迷子にならないといったHPを見るユーザーが使いやすいデザインを作ります。また、HP管理側も使いやすいようにCMSを導入して自社で更新ができるようにします。HP制作は長期間かかるため、最初に100点満点の完成物を目指すのではなく、制作途中での気付きなども反映できるようにアジャイル型で開発を行います。

右矢印

5.公開

公開

ユーザーに見つけてもらうために

HPページはデータとして完成したら完了ではありません。実際のお店を開店する場合に、「オープンしました!」と宣伝するのと同じです。WEBの場合、Googleなどで検索された際に、しっかりと検索結果に表示されるように公開作業を行います。例えば、Googleにサイトマップの送信やインデックス(Googleの検索ロボットに認識してもらうこと)のリクエストを行うなど、ユーザーに見つけてもらうための初期設定を行います。

右矢印

解析・改善

解析・改善

HPは育てることが大切

HPを公開した後もHPをそのまま放っておいてはいけません。HP公開はWEBのマーケティング戦略のスタート地点に立ったに過ぎません。ここからアクセス解析を行い、ページ内のボトルネックとなっているコンテンツを見つけブラッシュアップをしたり、ユーザーがどんなキーワードでHPに訪れているのかなどを分析し、ユーザーにとって有益で優しいHPへと成長させていかなければなりません。その結果として、サイト流入数やCV数が増加します。

サービス領域

Cublicのサービス領域は多岐にわたります。包括的なコンサルティングサービスとしては「マーケティングDXコンサル」と「WEBコンサル」を行っており、クライアントの課題解決に必要な施策を選択し実行します。
コンサルティングではなく、WEBサイト制作やWEB広告、CRM/MA運営支援などスポットでの対応も可能ですのでお気軽にご相談ください。

サービス領域
サービス領域

課題解決に必要な施策を選択

サービス領域

対応領域の広いCublicだからこそ、クライアントの課題に対して最適なデジタルマーケティング施策の打ち手を選択することができ、売上げアップといった成果にコミットすることができます。例えばこれがSEO対策会社であれば、得意なSEO施策だけで課題解決を図ろうとしますが、売上げアップという目的から逆算した場合に打つ手は当然他にもあります。
一方で当社は、WEBが最適でないと判断した場合は「DMを打ちましょう」といったリアルの提案を正直にお話しします。たとえデジタル施策でなくても目的達成のために打てる最適な手段をご提案します。

① マーケティングDXコンサルの内容

マーケティングDXの目的は、単なるデジタルツールの導入ではなく、顧客体験(CX)と顧客満足度(CS)を向上させるために組織改革やデジタル中心のサービス施策を行うことです。

マーケティングDXを実行するための体制づくりとして、デジタルマーケティングプラットフォームの構築と運用を通してのDX人材の育成を行います。デジタルマーケティングプラットフォームの中心は自社WEBサイトです。ここで1stパーティーデータを取得し、各種クラウドサービスやオフラインとの連携を行いながら必要なマーケティング施策を実行していきます。

また、施策を実行する際にはクライアント様の担当者と一緒に行っていきます。その結果、担当者のデジタルツールやデジタルマーケティングへの理解を深めることができ、将来的な自走化も目指せます。

内容

  • 戦略立案
  • WEB/SNS広告
  • 解析
  • コンテンツ改善
  • CRM/MA運営サポート
  • マーケティングDX人材育成
  • – 広告の運営業務(日常管理/監視/各種調整/キャンペーン追加)
  • – 広告とコンテンツ、MA運営の月次分析レポート
  • – 月次報告会と次月の戦略会議
  • – 広告とWEBコンテンツの改善
  • – CRM/MAの運営サポート(使用法/ダッシュボートカスタマイズ)
  • – メルマガテンプレート制作とシナリオ設計
  • – マーケティング担当者のOJT

② WEBコンサルの内容

WEBコンサルでは、売上UPのためにWEBサイトの解析/改善とWEB/SNS広告施策を行います。

アクセス解析からユーザーのニーズをあぶり出し、WEBサイトをユーザーにとって有益なコンテンツへと変えていきます。広告施策は、認知/集客など広告の目的やターゲットによって最適な媒体選定やクリエイティブ制作を行います。効果を最大化するために広告のランディング先となるWEBサイトも、広告キャンペーンに連動してコンテンツ改善を行っていきます。

毎月、集客分析や改善提案を盛り込んだ分析レポートの作成と報告、次月に向けた戦略会議を行います。

内容

  • 戦略立案
  • WEB/SNS広告
  • 解析
  • コンテンツ改善
  • – 広告の運営業務(日常管理/監視/各種調整/キャンペーン追加)
  • – 広告とコンテンツ、MA運営の月次分析レポート
  • – 月次報告会と次月の戦略会議
  • – 広告とWEBコンテンツの改善

マーケティングDXはデジタルを活用した集客・売上アップ

「マーケティングDX」と聞くとデジタル技術を用いて何か難しいことをやるような印象をもたれる方もいるかと思いますが、そんなに難しく考える必要はありません。簡単に言えば集客や売上げアップを自社WEBサイトを中心として行いましょう、ということです。

これまではWEBサイトやWEB広告、SNS、CRM/MAに頼らずとも済んでいた業界もありますが、政府もDXを推進している今日、今までのマーケティング手法だけでは立ち行かなくなってきています。誰もがスマホを使って情報を取得する現代において、デジタルマーケティングは避けては通れなくなっています。マーケティングDXは、このデジタルマーケティングを実行できる環境と組織体制を構築することです。

デジタルマーケティングの特徴は顧客のWEB上のデータを自社で保持できる点にあります。例えば、自社のホームページ↑で誰がどのページに興味があってどのくらいの時間滞在していて繰り返し何度訪れているか、そういったデータが取得できます。そのデータをマーケティングに活用して様々な施策を実行し、集客や売上アップ、会員獲得、ブランディング、商品PRといった目的達成を目指します。

マーケティングDX成功
のための4ステップ

マーケティングDXを成功させるために重要なことは、実行する順番です。
以下に示す4つのステップ通りに進めることが、効率的で確実な方法です。

実際、先のステップから始めると成果につながりにくく、うまく行かないケースを多く見ます。
例えば、すぐに集客をしたいがために広告を配信しても、広告の着地先となるページにユーザーに響くコンテンツが用意されていなければ効果は薄くなってしまいます。

また、マーケティングDXが顧客起点でサービスを考えるというコンセプトであるゆえに、MAツールの導入から始めてしまう場合もありますが、WEBサイトの構造設計が正しくされていないと、必要なデータを取得することができないといった問題も起こります。

Step-1

魅力が伝わるWEBコンテンツ
+UXの優れたWEBシステム

WEBサイトは、訪問したユーザーに好印象を抱いてもらわなければなりません。大切なことは「コンテンツ」「デザイン」「情報設計」「表示速度」など、UX(ユーザー体験)が優れたサイトであるということです。コンテンツ企画〜システム〜制作をワンストップで考えて構築できることが重要です。また、データドリブンマーケティングを行うための基礎となる正しいデータを取得できるような解析構造やCV設計がされていることが成功のポイントです。

Keyword:
情報設計 解析構造 CV設計 UI/UX クリエイティブ 撮影 Core Web Vitals

Cublicのコンテンツ設計マップ

Step-2

サイト分析によるコンテンツ改善
検証・仮説・実行サイクルを回し続ける

WEBサイトは「作ってオシマイ」ではありません。アクセス解析やアンケートを実施し、データ分析(定量分析&定性分析)をすることで、さらにWEBサイトの利便性を追求することができます。大切なことは「検証〜仮説〜実行」の改善フローを高速かつ緻密に行い、サイトを育てていくことです。

Keyword:
Google Analytics Google Search Console アクセス解析
定量・定性分析

Cublicの広告・アクセス解析レポート

Step-3

サイト流入とコンバージョン

効率的かつ効果的に広告で認知できるかがブランディングの第一歩です。大切なことは「興味のマッチング」をWEB広告の仕組みを使い意図的に仕掛けることです。マス広告ではないニッチメディア広告のため、ターゲットに適切に届けることができます。こうして集めたユーザーがステップ1,2により魅力的で利便性の高くなったWEBコンテンツに触れると、再訪問を繰り返しながら自発的に情報収集をし始め、お問い合わせや会員登録といったCVに繋がります。

Keyword:
WEB/SNS広告 広告戦略マップ SEO リピーター 会員登録

Cublicの広告戦略マップ

Step-4

CRM/MAを使ったLTV施策
ファンコミュニテイカンパニーへと醸成

ステップ3でCVを獲得することによってユーザーは(見込み)顧客へと変わります。MAを用いれば、特定個人に向けたメール、LINE、SMS配信やサイト内の行動パターンによって分岐するシナリオメール配信が行えます。顧客が必要とする情報を的確にお届けすることでCXが向上し、LTVの最大化やロイヤルカスタマー化(ファン化)へと繋げることができます。

Keyword:
CRM MA シナリオ設計 CX リードナーチャリング 

シナリオ設計デモ画面

Cublicの特徴

マーケティングDXに関わる
戦略立案から
各種デジタルマーケティング施策まで、
ワンストップで伴走支援が可能

なぜできるのか?

Cublicは2008年にWEB制作会社としてスタートして以来、事業ドメインを拡充し続けています。
その結果、WEBに関する全知識を確実に積み重ねてノウハウ化。さらに、代表はWEBマーケティングメソッドを確立するために、自ら学校ビジネスや店舗ビジネスを行いリアルビジネスを通じてWEB集客手法を確立するためにトライ&エラーを行ってきた本物のサービスプロバイダー。さらに多業種のコンサル経験で新規ビジネスの立ち上げも既存ビジネスのアップセルも手掛けてきました。こんな裏打ちがあってこその本質的なデジタルマーケティングコンサルティングです。

マーケティングDX成功への法則

なぜCublicだと効果的なのか?

技術の進歩が顕著な現代において、デジタルマーケティングの領域は広範囲かつ複雑化しています。
事業会社のWEB責任者が全ての知見を把握することは難しく、関係の適正化や良し悪しの判断もつかなくなっているのが現状だと思います。 よって、取りまとめが困難になったり、最終的なデジタルマーケティングに耐えられないWEBサイトになってしまっていることも多々あります。

弊社の施策内容は、WEBで売上を上げるための経験則が詰まっております。

経営者がビジネスの苦楽を経験しながらWEB戦略への落とし込みをフレームワーク化したため、結果に直結できるメソッドやティップスをコンテンツ、解析構造、広告手法などに横断的に盛り込まれていることが功を奏していると言い切れます。
現在の全てのクライアントの集客戦略は好調で、WEB上のブランディングも成功し、売上は右肩上がりとなっていることがCublicを指名する理由になるのではないでしょうか。(面談時には実際のレポートを使ってわかりやすく説明いたします)

コンサル会社に依頼した場合
cublicの場合

マーケティングDXを実行する上で大切なことは、戦略と施策が全て一本線で繋がっていることです。それは1つのマーケティング施策を行う場合、必ず複数の作業が発生するからです。
例えば、あるキャンペーンを行うとなった場合、広告、WEBサイト、SNS、MAなど関わる全てのメディアやツールの連携が必要となりますが、それぞれが別会社によって管理されている場合、一体となって連動することが難しくなります。
また、施策の実行スピードも遅くなり、かかるコストも大きくなってしまいます。効率的かつ効果を最大化するためには、窓口一つで一社が全ての施策を請け負えることが重要となります。

Cublicと他社の業務範囲の違い

Cublicと他社の業務範囲の違い